育毛剤のエタノールは頭皮に良くない?

エタノールはアルコールの一種ですが、育毛剤の他に色々な医薬品にも配合されています。アルコール系のものは皮膚への刺激が強いために良くないものという意見もありますが、配合されることにはちゃんとした理由があります。育毛剤や医薬品にエタノールが用いられる一番の理由は、製品の品質を保持するためです。育毛剤では他の理由もあり、育毛剤に含まれる成分を溶かして混ぜ合わせるためにエタノールを使います。また、皮脂を溶かして落ちやすくしたり、殺菌及び消毒の役割も果たしています。エタノールには溶かすという特性があるため皮膚には強い刺激となりますが、混ぜ合わせるのが難しい性質を持つ成分を溶かして使いやすくすることができます。皮脂は毛根を塞ぐため、毛の成長を妨げるといわれています。そのため、エタノールで皮脂を落としやすくすることは育毛剤にとって必要なことになります。殺菌や消毒に対するアルコールの効果は、知っている方が多いと思います。アルコール系が不使用の育毛剤では、他の成分で皮脂を落としたり殺菌を行なえるように工夫されている製品もあります。溶かすという特性からエタノールは皮膚・頭皮に良くないものですが、製品的には使用したほうが品質向上に繋がるようです。髪の毛の成長には頭皮への刺激を避ける必要があるという説もあり、この説は皮膚組織の機能と外部刺激に関する研究から確かなこととされています。エタノール不使用の育毛剤を使用すれば必ず髪の毛が成長するとは言い切れませんが、頭皮への刺激を避ける意識は大事なことです。
育毛剤の旬な選び方│口コミランキングから効果を紐解く!はこちら